ファッションの基本

メンズファッション初心者のために秋服と春服の違いを解説する

服は裸を隠すもの、防寒するもの。

という認識であれば、季節的に気温が同じくらいである春服と秋服を使い分ける必要はありません。

しかし「おしゃれを楽しむ」、「カッコイイ服装をする」という認識であれば秋服と春服は使い分ける必要があります。

夏服と冬服であれば誰でも生地の厚さや質、袖の長さで違いが分かりますが、春服と秋服はファッション初心者にはいまいち違いが分からないかもしれません。

本ページではそういったファッション初心者の男性向けに秋服と春服の違いを解説します。

メンズファッションの春服と秋服の違い

メンズファッションの春服と秋服の違いをまとめると以下の通りとなります。

  春服 秋服
薄めの色、淡色が多い。
青系やピンク、ライトグレー等明るい色が多い。
暗め、重めの色が多い。
黒系、茶系、カーキ等落ち着いた色が多い。
生地の質 軽い印象を与えるものが多い。
比較的夏物に近い薄いものが多い。
重めの生地が多い。
冬服に近い厚手の記事のものが多い。

春服は明るめで夏に向けた服が多い

※下の画像はGoogleで春物を画像検索したもの。

春は全体的に明るいイメージが持たされる季節です。

桜や菜の花をはじめ、色とりどりの花が満開になる季節ということもあって、服のカラーは青系や黄色、ピンク等、明るめの淡色がショップに並びます。

生地は全体的に薄い軽めのものが多く、涼しげな印象のものが多いです。

秋服は暗めで冬に向けた服が多い

※下の画像はGoogleで秋物を画像検索したもの。

一方秋は木が紅葉色になる時期で、山は紅葉色、茶色っぽい色になる時期です。

そのため秋は茶系、えんじ色、カーキ色が多くショップに並びます。

生地はものにもよりますが、全体的に厚く、冬でも着られる重めのものが多いです。

特にニット素材のセーターやカーディガンは温かい印象を与えるので秋冬では定番たくさん並びますが、春にはそれほど多く並ばない傾向にあります。

春に秋っぽい服を着るのはNG

上2つの画像を見比べてどうでしょうか?なんとなく春っぽい、秋っぽいの違いがありますよね。

例えば同じくらいの生地の厚さの黒のジャケットでも、やや薄い色をしていると春っぽくなり、真っ黒なものだと秋っぽくなります。

※重めで長めの黒いコートジャケットは秋冬っぽい印象を与える

生地もウール(スーツ等で使われる素材)やニットは重く、コットン(綿布)だと軽く感じるので、前者秋、後者は春っぽい印象を与えます。

※色、生地ともに軽いため春っぽい印象を与える

秋と冬は気温的にそれほど差がないので、秋に購入した服を春に着るのは防寒着としては問題ありません。

しかし飽きっぽい茶系の色で厚く重めの素材のジャケットを春に着ると違和感を与えてしまいます。

常日頃ファッション誌を眺めている多くの女子はその違いを感覚的に把握しているので、秋っぽい服着てるな~というのが分かってしまいます。

合コンや街コン等、初対面の女の子と会う際は注意したいですね。

靴や鞄等も違いがあるので注意しよう

上下の服だけでなく、靴や鞄等の装飾品にも春物、秋物があるので注意が必要です。

これらの場合でも違いは服と同じようなものなので「秋っぽい色」、「春っぽい色」を理解しておけば大丈夫です。

男性物の鞄は大体オールシーズンいけるデザインのものが多いので問題ないものも多いですが、靴は季節に合わせたものが結構並んでいるので注意したいところですね。

まとめ

春と秋は気温が同じくらいなので同じ服を着回したい気持ちはありますが、デザイン的に季節外れな印象を与えてしまうことが少なくありません。

男性の多くはファッションにそれほど興味がなく、季節感なんて体感温度でしか気にしませんが、ほとんどの女性は着る服の季節感を気にしています。

春なのに秋っぽい服を着て「ダサい」と思われないように春は春らしいカラーの服、秋は秋らしいカラーの服を着ることを心がけましょう。