コーディネート

社会人の合コン、街コンの春の服装について論理的に解説

合コンや街コンにおいて第一印象はとても重要です。

採用試験の面接等は最初の5分でおおよそ合否が決まると言われていますが、女性の恋愛の合否に関しても出会って数秒~5分以内に(本能的な面での)合否が決定されます。

過去にお付き合いした女性に、

「いつから(自分のことを)好きだと思ってくれてたの?」

と聞くと、

「会ったときからなんとなく良いとは思ってた」

と答えられた人も多いんじゃないかと思います。現在恋人がいる人は一度聞いてみてください笑

前置きが長くなりましたが、合コンや街コンでは第一印象がとても大事で、その第一印象はファッションかなりの部分を占めます。

「誠実そう」

「チャラそう」

「お金がありそう」

「貧乏そう」

「バンドやってそう」

「スポーツやってそう」

「オタクっっぽい」

等の印象の多くはその時のファッションが関係しています。

できれば第一印象で「カッコイイかも。」と思われたいですよね。

仕事終わりであればスーツで行けばちゃんと仕事をしている誠実な大人の人という印象を与えることができますが、スーツを着ない仕事をしていたり、休日だったりすると私服で挑まなければならないので着ていく服は結構悩ましい問題です。

本ページでは20代から30代くらいの男性向けに合コンや街コンで女子ウケしやすい春服について解説します。

コンパではボス感が重要である

合コンや街コン等多数対多数の出会いの場ではそのグループのボス感を出すことが重要です。

学生時代、運動部のキャプテンやエース、サークルの部長がモテていた、というのは誰もが経験したり傍らに見ていたことがあると思います。

女性は本能的にリーダー格に惹かれる

「女性は落ち着いた人が好き」

「余裕のある人が好き」

などとよく言われますが別に落ち着いていても、余裕があるように振る舞ってもモテませんよね。私もそれを信じて余裕のある落ち着いた人を装っていたことがありました。しかしモテません…

これらは嘘ではありませんが、本当にモテる人物像の一部を切り取っただけの特徴であり、本質部分ではありません。

本当にモテる人物像とはいつの時代も「その組織、コミュニティのリーダー格」です。

運動部のキャプテン、サークルの部長、会社の部長や社長等、組織のリーダー格は特別に容姿がよくなくても、モテテクニックを持たなくても普通にしているだけでそれなりにモテます(もちろん個人差はあります)。

これは女性が元来から備えている本能的な嗜好によって惹かれるという理由もありますしお金、財力等後天的な理由によって惹かれる部分もあります。

「リードしてくれる男性が好き」

「頼れる人、頼りになる人が好き」

「男らしい人が好き」

「余裕のある人が好き」

これらは好きなタイプを聞くと多くの女性が答える回答の一例ですが、どれも組織のリーダーとなる人物像で、女性がリーダー格の男性を好きになるのは火を見るより明らかです。

その他大勢にならない服装を選ぼう

ここまでボス感、言い換えるとリーダーっぽさが重要と書きましたが、かといって露骨にボスアピールをするようないかにも高そうなアクセサリーをたくさん身に付けたり、上から下まで赤い服を身にまとったりしてはいけません(赤い服は組織で地位の高い人物という印象を受けるそうです)。

本当に女子ウケするファッションについてで詳しく解説していますが、女性はようと頑張っている男を毛嫌いするからです。

あくまでさりげない自然な程度で、「なんか他の人とは少し違う」くらいの印象をもたせることが大切です。

つまり合コン、街コンでは「ややボス感のあるその他大勢にならない服装がベストです。

清潔感は最重要

もう一点、合コンや街コンに限らず女性と合う時の服装は清潔感が最も重要です。

汚れていたり嫌なニオイがするのは論外ですが、ガッツリ穴が空いているダメージジーンズや穴あき系のアウターやTシャツ、黒ずみが目立つシルバーアクセ等は避けましょう。

場所や年齢層、職業などにもよりますが、原則古着っぽい服装も避けた方が無難です。

また、いわゆるアキバ系っぽい印象を与えるネルシャツ(チェック柄のシャツ)は着こなすのがやや難しく、失敗するとやはりアキバ系っぽさが出てしまうので避けた方が良いかも。

デザインが良いものであれば結構おしゃれなんですが。

 春服のコーディネート例

「程よいボス感」

「その他大勢にならない服装」

「頑張りすぎない」

「清潔さ」

これら4つを取り入れた春服のコーディネート例を紹介します。

ただ春と言っても4月と5月では気温が大きく違うので、その時の気温に合わせた服装を心がけましょう。頑張りすぎないことが重要です。

 定番のジーンズスタイル

ジーンズ(デニムパンツ)は様々な服に合わせやすく、また青系のものは爽やかで春っぽさを感じるのでおすすめです。

ただジーンズは定番アイテムなので他の人と被りやすく、安っぽいジーンズを履くとその他大勢感が出てしまいます。

できる限り第一印象を良くしたい合コンや街コンでは「DIESEL」「REPLAY」「ヌーディージーンズ」等形のキレイなブランドのアイテムを選びましょう。

関連デートで重宝する!メンズジーンズおすすめブランド9選

またデニムはサイズ感はもちろん程よい加工が入っているものがおすすめです。

関連よく分かるメンズのパンツ(ボトムス)の種類と選び方

トップス(上に着る服)はまだ比較的肌寒い季節であればやや厚めのジャケットやブルゾンが良いでしょう。インナー(中に着る服)はTシャツ、またはシャツが合わせやすいです。

アウターはレザーのブルゾン等も他者と被りにくくておすすめ。白シャツをインナーとして着るとかなりカッコイイです。

5月以降、ブルゾンやジャケットが暑苦しく感じるくらいの気温の時はトップスをシャツにすると丁度良いです。

シャツはチェック等の柄物も良いですが、あまりセンスに自身のない場合は白シャツでも良いと思います。

ただしジーンズ+白シャツは他者と被りやすいので注意が必要。サイズに注意して形のキレイなものを選ぶ必要があります。

関連春に重宝する!カジュアルな白シャツの選び方と合わせ方

ジーンズ+白シャツでもサイズに注意してデザイン性の高いものを選べば印象はかなり変わってきます。

下画像はパンツの裾をロールアップしています。

ロールアップは難易度高い、と感じる場合は程よいシェービング加工(色落ち加工)の入ったデザイン性の高いデニムで個性を出すのも良いですね。

トップスを白シャツにするとそれだけでかなり涼しげで春らしくなるので、下に黒のジーンズを合わせるのも良いですね。

デザイン性の高いシャツを選べばそれだけで個性的でおしゃれに見えます。

ジーンズ+白シャツやジーンズ+黒のジャケット等は定番コーディネートですが、定番ゆえに他の人とかぶりやすいです。

特に白シャツは季節にもよりますが、5人以上いると似たような服装をしている人がいる可能性が結構高いので、できるだけ避けた方が無難です。

黒ジャケットも同様にかなりかぶりやすいのでグレーや紺色等他の人があまり着ないものを選んだ方が良いかも。

ジーンズに白シャツや黒ジャケットをあわせる際はやや特徴的なデザインのものを選択しましょう。

ヌーディージーンズの非常にキレイなジーンズなんかもおすすめです。

楽天市場で見てみる

Amazonで見てみる

デニムジャケットやデニムシャツで爽やかに

青系のデニムジャケットやデニムシャツは爽やかでかつ個性を出せるのでおすすめです。

特に20代後半から30代くらいになるとデニムのトップス(上に着る服)を着るのは少し勇気がいるのでその他大勢にもなりにくいです。

デニムジャケットやデニムシャツを着る際はズボンはジーンズ以外のものを選びましょう。上下デニムで統一するコーディネートも着こなせばカッコイイですが難易度はかなり高いです。

綿素材のパンツ(チノパン)やスラックス等がおすすめ。

ベージュ系のパンツを選ぶと合わせやすいですね。

4月下旬から5月くらいは涼し気なデニムシャツが重宝します。

Amazonで見てみる

靴に関しては脱着のしやすさを考慮してスニーカーを選ぶことをおすすめします。

居酒屋等では靴を脱ぐことが多く、その際に脱着に手間が掛かるブーツ等を履いているとスマートさに欠けるため減点ポイントとなります。

相手(女性陣)がアラサー以上でハイクラスな男性を求めているような場ではスニーカーが減点ポイントとなる可能性はありますが、それ以外ではほぼ問題ありません。

関連記事:アラサー男子におすすめな靴は結局スニーカーだった

デニムシャツ等を着てスニーカーを履くと全体的にカジュアル過ぎるな…と感じる場合は脱着のしやすいローカットの革靴等も良いでしょう。茶系の無難なデザインのものであれば結構合わせやすいです。

まとめと補足

合コンや街コン等では、

「他の男性陣とは雰囲気が違う」

「リーダーっぽい感じがする」

というボス感が出るとモテやすいです。

また、いやらしさが出ないようにある程度高めなブランドの服やアクセサリーを身に着けて置くと経済力もアピールすることができます。

中でも腕時計はロレックスやブルガリなどのわかりやすいブランド物を付けていてもいやらしさがないのでおすすめです。