ファッションの基本

30歳前後の男子の春服はどうするべき?定番コーディネートを紹介!

春服って難しいですよね。

夏ならTシャツ一枚、冬ならコートやダウンジャケットな等の厚い服を選べば違和感はありませんが、春は中途半端な季節で選べる服が多いです。

そのため「何をどう選べば良いのかわからない」という人も多いと思います。

また30代くらいになると、20代の若者っぽい服を着るのはどうかなって思ったりしますし、かといって地味なおっさんっぽくもなりたくない。

30歳前後の春服というのはバランスをとるのが非常に難しいです。

というわけで今回は「30歳前後の春服は何を選んでいくべきなのか」について基本的なことから解説します。

無難にカッコイイ春服のコーディネート

正直なところファッションというのは「春服」、「30代」という括り程度では全然絞り切れません。

アウターの種類だけでも無数にありますし、色や形、柄、デザインを考えるとネットでサクッと読めるボリュームに抑えることはできません。

ということでここではまず、本サイトのテーマである「女の子ウケする無難にカッコイイ」を取り入れたコーディネートを紹介し、後半でアイテム、コーディネートについて解説したいと思います。

ジャケットとジーンズ、Tシャツの組み合わせ

最もオーソドックスでかつカッコイイのは、

  • インナーにTシャツ(シャツ、ロンTでもOK)
  • アウターにジャケット
  • ボトムスはジーンズ
  • 靴はスニーカー

です。

これは20代でも定番の組み合わせですが、少し落ち着いた色を中心に使ったり、ブランドを変えるだけで大人っぽく見えます。

チノパンツ(綿パン)とデニムジャケット

デニムジャケットというのはデニム生地のジャケットです。一昔前はジージャンと呼ばれることが多かったですね。

チノパンツ(チノパン)は綿素材のパンツのことです。

関連記事:よく分かるメンズのパンツ(ボトムス)の種類と選び方

デニムジャケットは鮮やかな青ベースの色が爽やかで春らしく、またデニムのゴツゴツした素材が男らしい印象を与えるのでお勧めアイテムの一つです。

しかしパンツもデニムにしてしまうと上下が同じ素材となってしまい、それぞれの色の濃淡やシルエット、全体的なバランスを考慮する必要があり、上手く合わせるのが難しくなります。

なのでデニムジャケットにはボトムス(下に着る服)は綿素材のチノパンを合わせましょう。

色はデニムジャケットが上写真のような淡色(薄めの色)ならパンツも薄めの色、青が強い濃色のジャケットなら黒や深めの緑などを合わせるとバランスよく見えるでしょう。

デニムジャケットが暑い時期(5月中旬以降くらい)は同じテイストでデニムシャツを合わせると良いです。

デニムシャツは少しコーディネートの難易度が上がりますが、涼しげで大人っぽく着こなせばカッコイイです。

関連記事:デニムシャツの選び方とおすすめブランドについて解説

ブルゾンとデニムの組み合わせ

ブルゾンとはジャンパーのようなもので、裾(すそ)を絞ったデザインをしているアウター(上に着る服)のことです。

形や素材、色等様々な種類があって選ぶのが難しいですがその分時期、気温に合ったものを選べるので重宝します。

ボトム(ズボン)はデニムにしましょう。デニムにすると決めておけば上に着る服が絞られて選びやすいです。

靴はもちろんスニーカー。

大人らしさを演出したい時に革靴を選ぶのもありですが、スニーカーに比べて難易度が高く、外すと女の子ウケが悪いので無難にスニーカーにすることをお勧めします。

関連記事:アラサー男子におすすめな靴は結局スニーカーだった

春服は基本3点セットで選ぶ

春、そして同じくらいの気温となる秋は、

  • アウター(ジャケット、ブルゾン等)
  • インナー(Tシャツ、シャツ、セーター等)
  • ズボン(デニム、チノパン等)

の3点セットを意識すると選びやすいです。靴はスニーカー。

アウターはジャケットをメインにしよう

春物のアウターはブルゾンやデニムジャケットも人気ありますが、普通のジャケットをメインにすると選びやすいです。ジャケット以外不要としても構いません。

ジャケットにはスーツと同じ素材(ウールやポリエステル)で作られたフォーマル(正装)めなテーラードジャケットやコットン(綿素材)のカジュアルなジャケットがあります。

少しおしゃれなところで夕食デートをする時はテーラードジャケットを、昼間でスタバデートする時はコットンのカジュアルなジャケットを、というように同じジャケットでも場面に合わせて選ぶこともできます。

いずれにしてもジャケットはブルゾンに比べて大人っぽい落ち着いた印象を与えられるので、30歳前後の大人っぽいファッションがしたいという場合におすすめです。

色は春だと黒、ライトグレーがお勧めです。

インナーは季節に合わせて変えよう

一言に春と言っても3月の終わり頃と5月の終わり頃では気温が全然違います。

ちなみに4月の平均最高気温は19度、5月は23度(いずれも東京)なので同じ服装で過ごすのはちょっとしんどいです。

なので春服は気温に合わせてインナー(中に着る服)で調整しましょう。

例えば4月でまだ少し肌寒い感じがする時は中にニット等の温かい服を着る。4月はボタンシャツ。5月の温かい日はTシャツにする。その上からジャケットを羽織ると良いです。

インナーは特に初心者の場合、アウターの色を問わず白及び淡色系をおすすめします。

ズボンはジーンズとチノパンを活用しよう

ズボンは迷ったらジーンズを選べばだいたいOKです。

ジーンズだけでも様々な種類のものがあるので、自分の体系やシーンに合わせて選びましょう。

春服の場合、黒系や濃い青のものよりもシェービング加工(色落ち加工)がされた淡色のものの方が涼し気で良いです。

ただ、ジーンズの場合デニムジャケットやかなりフォーマルなデザインのテーラードジャケットが合わないケースが多いです。

その際にチノパンを使うとバランスの良いコーディネートができます。

関連記事:チノパンとは?スキニーとは違うの?選び方までわかりやすく解説

学生っぽいファッションにならないために

アラサーくらいの年齢になると20代前半くらいの学生みたいな格好になってしまわないように気を使いたくなりますよね。

そうならないようにするために以下を取り入れることをおすすめします。

  • トップス、ボトムス(ズボン)は良い物を使う
  • 鞄や時計等、装飾品で差を付ける
  • 学生っぽいアイテムを避ける

トップス、ボトムス(ズボン)は良い物を選ぼう

メインとなるトップス(上に着る服)とズボンは極力良いブランドの物を選ぶことおすすめします。

ユニクロやH&M等でも十分形の綺麗な良いものはありますが、シンプルで個性のないものが多く、またシルエットも無難過ぎるものが多いです。

同じようなジーンズでも人気ブランドであるDIESELやアルマーニジーンズ等の方がシルエットが綺麗で、デザイン性も高いです。

関連記事:20代~30代前半にお勧めなメンズファッションブランド10選

単にブランド物を選べば良い、というわけではなくそれ以上に自分の体型に合っている物を選ぶことが重要です。

トップス、ボトムスともに、同じサイズでもブランドによって大きさ、サイズ感が大きく変わってきます。

こちらのページで紹介しているブランドを中心に、実際に試着してみて自分の体型に合ったアイテムを選んでいきましょう。

鞄や時計等、装飾品で経済力を

20代の学生っぽい雰囲気は経済力の有無からにじみ出てしまうことが多いです。

逆に学生には手が届かないロレックスやカルティエ、オメガ等の時計をしているだけで大人っぽい印象を与えることが出来ます。

鞄や財布等はわかりやすいヴィトンやグッチのモノグラムよりも、シンプルでかつ高級感のある革製のものをおすすめします。

学生っぽいアイテムははじめから避けよう

学生っぽいアイテムを取り入れてしまうとどうしても子どもっぽくなりがちです。

具体的には、

  • キャップ(つばのついた帽子)
  • パーカー
  • スウェット
  • ダボダボのズボン
  • 黒の綿パン

等…

これらを大人っぽく着こなすのは少し難易度が高いです。

特に初心者の場合アウターはジャケット、ズボンは丁度サイズのジーンズを選ぶことをおすすめします。

まとめ

春服で大人っぽい落ち着いたスタイルをする際は、

  • アウターはジャケット
  • インナーはTシャツまたはシャツ
  • ズボンはピッタリサイズのジーンズ

がおすすめです。

選ぶ際は、季節感に注意して選びましょう。

春は青やピンク等の明るめの色がおすすめです。

関連記事:メンズファッション初心者のために秋服と春服の違いを解説する

男性のほとんどがあまり自分のファッションを気にしないので、少し気にするだけで評価が高まります。

めんどくさい部分もありますが、少しずつ取り入れて行きましょう。