ファッションの基本

ジーンズのサイズと選び方について初心者にもわかりやすく解説

ジーンズは定番中の定番アイテムで、10代の若い世代から高齢者までもが年中履ける超便利アイテムです。

しかしそれゆえにダサいの代名詞的存在でもあるオタクファッションでも使われるため、失敗すると平凡でダサい印象を与えてしまうリスクはあります。

本ページでは着こなせば「無難にカッコイイ」超おすすめアイテムであるジーンズについてサイズの見方から選び方まで解説します。

ジーンズとはデニム生地で作られたパンツのことで、色は一般的に青系と黒系のものがあります。

※青系のデニムと黒系のデニムの写真

デニム生地で作られているため単に「デニム」と呼ばれることも多いです。

代表的なブランドはリーバイスやLee、EDWIN等で、現在はユニクロやGU等のファストファッションブランドにも必ずジーンズコーナーが設けられています。

ジーンズのサイズについて

現在アパレルショップ(服屋さん)ではジーンズを含めてパンツを販売する際、サイズは原則インチで表記しています。

下の画像はユニクロのオンラインショップのものですが、右の方に「サイズを選択」というのがあり、28~46を選べるようになっていますね。


参照:ユニクロ|ジーンズ・デニム商品一覧|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)

また、大手通販サイト、アマゾンでも同じくジーンズのサイズがインチ表示となっています。


参照:アマゾン

※ショップや商品によってはS、M、Lの3サイズで表記していることもありますが、店員さんにサイズ感を聞くとインチ数で表現されます。それくらいパンツのサイズはインチ数がオーソドックスな表記となっています。

インチ数はウエストサイズ

上述したジーンズのサイズのインチ数はウエスト周りの長さを表しています。ズボンそのものの長さではなく着る人自身のウエスト周りの長さ、「ウエストヌード寸法」です。

例えば30インチのサイズのジーンズは着る人のウエスト周りの寸法が約76cmの人に丁度良いサイズ、というイメージです。

※1インチ=2.54cmなので30インチだと76.2cmとなります。

ちなみに上の写真ではウエスト66cmくらいなので、ズボンのサイズは26インチくらい(66インチ÷2.54cm=25.9インチ)となります。※モデルは女性なので細いです。

成人男性のウエストサイズはほとんどの人が70cm~85cmくらいなのでインチ数で表すと28~33くらいとなり、その中でも中間の29~32インチくらいが売れ筋です。

ただしメーカーやブランドによってサイズ感が少し変わってくるので注意が必要です。

同じ30インチでもユニクロよりリーバイスの方が少し大きい、ということが多々あります。

パンツのインチ数は多くはウエストヌード寸法(着る人の実際の寸法)が表記されているため、実際にパンツのウエスト(仕上がり寸法)を図ると若干大きくなっています。

例えばユニクロの30インチ(約76cm)のジーンズの場合、仕上がり寸法は82cm(32インチくらい)となっています。

いろいろ数字が出てきて考えすぎるとややこしくなるのでここでは自分のウエストのサイズが75cmくらいなら30インチ、78cmくらいなら31インチのものを選べば良い、と覚えておきましょう。

股下の長さについて

股下のサイズも現在一般的にインチで表示されることが多いです。

股下の長さに関しては一般的に「合わなければ裾上げで調整する」とされているため、ウエストと違ってサイズが少ないです。

下の画像は楽天で販売されているリーバイスのジーンズのサイズ表です。縦軸のウエストサイズは8種類ありますが、股下のサイズは3種類しかありません。

参照:【送料無料】リーバイス 501 Levi’s 【Regular Fit】デニムパ…

また、アマゾンで販売されているLevi’s 505クラシックについては股下はすべてのサイズで84cm(33インチ相当)となっています。

日本人の股下の長さの割合は身長の平均45%程度とされていて、平均身長である170cmの人は股下76.5cmほどです。

そのため170cmくらいの人がこの股下84cmを着るのはやや長すぎる感じがします。

ズボンに関しては、

  1. 座ったりした時に脚が見えすぎるとダサいのでやや長めが良い
  2. 多少長めでもかかとを踏むようなことがなければ問題ない
  3. 長過ぎるものは裾上げで調整すれば良い

という理由から多少長めのものを買っても問題ないと考えますが、それでも長すぎると印象が悪いですし、裾上げすると形も崩れてしまいます。

特に平均身長よりも小さい場合、一般的に売られている股下サイズ(80cm前後)は結構長くなってしまうため、短めのサイズが販売されているものを探し、極力丁度良いサイズを選ぶことをおすすめします。※多少長いのは問題ありません(+5cmくらい)。

その他のサイズ、寸法

パンツはウエスト、股下の他に、

  • 股上(股からウエスト部分までの長さ)
  • ヒップ(腰回りの一番大きい部分の幅)
  • わたり幅(太ももの一番大きい部分の幅)
  • 裾幅(裾の幅)

と呼ばれるサイズがあり、ほとんどの通販サイト等で表記があります。

これらの寸法はジーンズの種類によって大きく違い、選ぶ際に重要な要素ではありますが、ここの数値を見てどのようなシルエットになるかを予想できるのはおそらく上級者だけでしょう。

ここでは各部分の名称を覚えておくくらいに留めておいてOKです。

最低限押さえておくべきジーンズの選び方の基本

サイズの見方、名称がわかったところでここからは基本的な選び方について解説します。

ジーンズの選び方の基本は主に4つ、

  1. サイズに注意する
  2. 形、シルエットで選ぶ
  3. 色及び色落ち加工で選ぶ
  4. ダメージ加工等デザインで選ぶ

です。

ウエストと股下は極力丁度サイズを選ぶ

ジーンズを選ぶ際は必ずウエストと股下の長さが丁度良いものを選びましょう。

ウエストはベルトを締めればなんとかなりますし、股下は裾上げすれば調整できますが、どちらもそのジーンズ本来の形、シルエットが崩れてしまいます。

ウエストの大きいジーンズをベルトで締めて履くことはできますが、ウエストが大きめのものはおおよそヒップも大きくなっているため、ヒップ周りがブカブカになってしまいます。

よくオタクファッションに見られる特徴で実際に検索してみるとわかりやすいと思います。

オタクファッション – Google 検索

股下に関しても長めのズボンは裾上げで調整することができますが、切りすぎるとそのジーンズの本来のデザイン性を失うことになります。

例えば後述するシェービング加工(色落ち加工)のジーンズはバランスを取って加工を施していますが、裾上げで切ってしまうとバランスが崩れてしまいます。

上述した通り股下のサイズは種類が少ないため、どうしても裾上げが必要な場合はやむを得ませんが、極力裾上げしないサイズを探して選びましょう。

ウエストに関しても1インチ2.54cmもあるのでピッタリ丁度はまらないこともあります。キツめのものを選ぶと体型が少し変わるだけで履けなくなるので、ベルトで少し締めるくらいのサイズを選ぶようにしましょう。

形、シルエットに注意しよう

ジーンズに限ったものではありませんが、パンツには形、シルエットの違いによって以下のものに分類されます。

ストレート 上から下までほぼまっすぐなシルエットのもの。
細め(スリム)、普通、ゆったり等に分かれる
スキニー ストレートスリムよりも更に細く、身体のラインに合わせた感じで履くパンツ。
非常に遅いので細めの人しか着られない
テーパード 腰から太もも、足首にかけて次第に細くなっているパンツ。
ブーツカット 太ももから膝にかけて細くなり、膝から足首にかけて太くなるパンツ。
カーゴ 左右膝上あたりに大きなポケットが付いているパンツ。
それ以外にもポケットがたくさんついているものも多い。
ワイドパンツ ゆったりしたストレートよりも幅の広いパンツ。
サルエルパンツ 股下の深さが特徴的なパンツ。
床に広げるとVではなくUのようなシルエットになる。

この中で初心者にもおすすめできるのはストレートタイプとテーパードタイプです。

ストレートタイプ

いわゆる普通のジーンズです。

股下の太さがほぼ一直線になっているためそう呼ばれています。

太さの違いによって、

  • スリム(細め)
  • 普通
  • ゆったり(太め)

に分けられます。

この中でおすすめしたいのはスリムタイプのものです。

スリムタイプのジーンズはすっきりしているため脚が長く見え、清潔感が出ます。

スキニーパンツ(脚のラインが出るくらい細いタイプのパンツ)ほど細くないのでそれほど細い人でなくても履けますし、無理している感じが出ないので着こなしやすいです。

⇛Leeのスリムジーンズの詳細をアマゾンで見てみる

テーパードタイプ

腰から太もも、足首にかけて徐々に細くなっているタイプのパンツです。

文字に表すと「変わったデザインだな~」と思ってしまいますが、通常人間の身体がそのようにできているので履いても、見ても違和感はありません。

腰周り、太もも周りはやや太めになっており、膝下から裾までは細いので無理せず細めのシルエットになりやすいことが特徴です。

ジースターロウのテーパードジーンズはシルエットがキレイで人気があります。値段もリーズナブルでおすすめです。

⇛Amazonで詳細を見てみる

色と色落ち加工に注目しよう

ジーンズの色は大きく分けて青色系のものと黒色系のものに分けられます。

どちらも定番で使いやすいですが、特に青色系のジーンズは程よいシェービング加工(色落ち加工)の入ったものがおすすめです。

やや落ち着いたシーンでフォーマルに寄せたい場合は単色系でも良いと思いますが、その場合はシルエットの美しいジーンズを選ぶとおしゃれです。

ヌーディージーンズがシルエットが美しく、洗練されているのでおすすめです。

⇛amazonで詳細を見てみる

ダメージ加工等のデザイン性で選ぶ

ダメージ加工の入っているジーンズは場所やシーンを選びますが、程よくダメージが入っている方が個性が出しやすく、おしゃれに見えやすいです。

程よいダメージ加工の基準としては以下を参考にしてみてください。

  • 穴が空いて素肌が見える
  • 破れたところの布の繊維がほつれて汚く見えるもの
  • 茶色や黄色等のヴィンテージ加工及びペイント加工
  • ダメージジーンズの人という印象が残るレベルのもの
  • 擦れ加工で仲の白い繊維が見えている程度のもの
  • ダメージが一箇所、二箇所程度のもの
  • よく見ないと気づかない程度

具体的には以下のようなジーンズが程よい加工がされていて使いやすいです。

⇛Amazonで詳細を見てみる

 

ダメージジーンズは場合によっては女性ウケが悪いことがあるので注意が必要ですが、程よいダメージ具合いであれば男らしく見えるので私は結構使っています。

清潔感を失わないように注意しましょう。

まとめ

ここまでジーンズについて初心者の方向けにサイズから選び方まで解説してきました。

ジーンズは小学生からおじいちゃんくらいまで履くアイテムで、ユニクロやGU等のファストファッションブランドからドルチェ&ガッバーナやディオール等の高級ブランドまで提供しているアイテムです。

その種類は多岐に渡り、世界中にたくさんマニアがいるくらい非常に奥が深いです。

が、本ページで解説した基本的なポイントを押さえておけば着こなすことは難しくありません。

まずはスリムやテーパードタイプから着こなしてみましょう。